はんなりを求めて

sexy girl dressed in white

はんなりとした雰囲気の漂う都市、京都。いつごろから京都の代表的なイメージに“はんなり”というイメージが付いたのでしょうか。そもそも皆さんは“はんなり”という言葉の意味をきちんとご存知でしょうか。なんだか字面的になよなよっとしていてしなやかな印象があるこの言葉ですが、辞書などでは「上品で明るく華やかな感じがするさま」というふうに書かれていることが多いです。語源としては「花あり」や「花なり」や「華やかなり」などが転じたものだと言われています。確かに京都の女性には華やかなイメージがありますから納得です。舞妓はんとか。京都といえばお寺や神社などが有名なので、そういった日本の文化が彼女たちに、そういった華やかなイメージを出させているのかもしれません。安倍晴明でも有名なので、なんだか神秘的な感じもします。そんな華やかで上品で明るくて神秘的な女性と簡単にイチャコラするためには、どうすればいいのでしょうか。答えは明白です。京都の風俗に行けばいいのです。京都の風俗に行けばそんな男の願望なんて一瞬で叶えてくれるのです。神頼みするつもりで、お賽銭を入れるつもりで、万札握り締めて風俗に直行すれば万事解決なのです。京都の風俗の特徴としては、箱ヘル、つまりファッションヘルスが多いことでしょうか。ファッションヘルスといえば、その数は全国的にも減少傾向にあります。デリヘルへと変わってきているわけです。ファッションヘルスの良いところは、受付を済ましたらホテルに移動することなくサービスが受けられる手軽さです。皆さんも京都の風俗で手軽にはんなりを楽しんでみてください。